さくら相続

MENU

さくら相続

03-6419-8211平日 10:00 〜 18:00

ご利用者さまの声

さくら相続に依頼して

実際に相続手続きや生前対策をご利用いただいた方々からいただいた、
ご意見・ご感想をまとめました。

50代・女性

相続人が誰なのか分からない場合どうするの!?

粘り強く最後まで諦めずに進めていただき本当に感謝しています。
叔母の遺産を相続することになったものの、疎遠になっている叔母の兄弟姉妹も多く、何から進めていいのか分からず相談しました。
司法書士に調査を依頼して驚いたのは、相続人の数です。叔母の兄弟姉妹の多くは亡くなっていて、その子どもたちに相続する権利が移っていたため、10名以上でした。名前も聞いたことがないような方もいて途方にくれましたが、諦めずこれからの対策を提案いただき、他の相続人への連絡、調整なども全て行ってもらい、先日無事解決に至りました。
時間はかかりましたが、私一人では諦めてしまっていたと思います。最後まで進めていただき本当に感謝しています。
  • このケースに当てはまる方はこんな人!
  • 不動産を相続する方
  • 相続登記をしておらず権利関係が複雑な方

50代・女性

相続財産に借金があったらどうなるの!?

父の相続が教訓となり、自分の生前対策を考えることができました。
父の死後、相続をすることになったのですが、多額の借金をしていたことが分かりました。娘である私はおろか、母も知らなかった突然の借金話に、家族中が大パニックになり、知人の紹介で相談しました。
この借金を背負うことになるのかという不安感ばかりでしたが、物腰の柔らかい女性の先生が担当してくださり、少し安心しました。その後の手続きも迅速に行っていただき、無事相続放棄ができ、借金を背負うことにならずにすみました。
この出来事を教訓に、残される家族や子供が困らないようしっかり生前対策を行っておこうと思います。
  • このケースに当てはまる方はこんな人!
  • プラスの財産よりマイナスの財産の方が多く相続することになった方
  • 相続したくない財産がある方

40代・男性

未成年の子供がいるときの相続はどうするの!?

漠然とした不安が解消され、妻を想う時間を作ることができました。
突然、妻に先立たれ相続手続きをすることに。凍結された銀行預金などを引き出そうにも、子供達がまだ未成年であったため、銀行から特別代理人の選任が必要と言われました。平日は仕事で思うように動けず、また、法律にも疎かった私は、インターネットで「さくら相続」というサービスがあることを見つけ、丁寧で安心できそうなイメージを受け、相談しました。
特別代理人の選任はもちろん、各金融機関との調整など、必要な手続きを全て代わりに行ってくれたおかげで、スムーズに進めることができました。
また、こちらでやるべきこともリストにまとめてくださり、漠然とした不安が解消され、妻を想う時間を作ることができました。
  • このケースに当てはまる方はこんな人!
  • 未成年の相続人がいる方
  • 認知症になった相続人がいる方

40代・男性

相続人が海外にいる場合、相続登記はどうするの!?

海外にいる妹とも調整してくれて、手間を最小限に抑えることができました。
先日、父が亡くなり相続手続きをすることに。相続人は私と妹の2人であったものの、妹は海外に住んでいるため、どうすればいいのか分からず、知人の紹介で相談しました。
これから必要となる手続きについてプランとスケジュールをご提案いただき、自分がやることが明確になりモヤモヤしていた気持ちが晴れました。妹とも直接やりとりをしてくれて、必要な書類の収集や作成など手間のかかることも全てお任せでき、私は自分の印鑑証明書を取得したのと、必要書類に捺印したくらいです。
不動産の名義変更など素人には複雑なことも専門家が対応してくれるので、安心して全てお任せでき、本当に助かりました。
  • このケースに当てはまる方はこんな人!
  • 忙しくて相続手続きの時間をかけられない方
  • 相続人がバラバラの地域にお住まいの方

60代・女性

相続税対策はいつからするべき!?

ひとつの窓口で様々な相続税対策を提案いただき、助かりました。
自宅の他に相続で取得した田舎の土地など複数の不動産があり、相続税がかかるのではないかと心配になり相談しました。
まずは財産を調査し、このままでは相続税がかかってしまうことが分かりました。そこで保険を活用した対策をご提案いただきました。1.加入していた保険がちょうど満期になること、2.生命保険の非課税枠が使えること、3.子どもが3人いるので分割する際にまとまった現金がある方が分けやすいだろうという3点より保険を活用することにしました。
さくら相続に一度相談するだけで各方面のプロフェッショナルの意見を聞くことができ、納得した対策を取ることができ、大変助かりました。
  • このケースに当てはまる方はこんな人!
  • 相続税の基礎控除額を超える財産をお持ちの方
  • 不動産や株式といった現金以外の資産がある方

70代・女性

認知症になった後の生活ってどうなるの!?

とても親身に話を聞いてくれて、全てを安心して任せることができました。
現在一人暮らしのいわゆる「おひとりさま」の私は、先日入院したことをきっかけに、これから認知症などになった場合、どうなるのか不安になりました。以前不動産を購入した際に登記を担当してくれた司法書士からさくら相続を紹介してもらい、相談しました。
とても親身になって話を聞いてくださり、判断能力が低下するまでは、定期的に状況を確認してもらい、判断能力が低下した後の療養看護や財産管理、死後の葬儀や埋葬などの代理までまとめてお任せすることができました。
疎遠がちな親戚に迷惑をかけたくなかったので、近くで安心して任せることができる先生に出会えて本当に心強いです。
  • このケースに当てはまる方はこんな人!
  • 近くに頼れる親戚や知人がいない方
  • 認知症になった後、迷惑をかけたくない方

40代・男性

遺言書のせいで相続税がかかる!?

相続税のことまで視野に入れた遺言書の作成を提案いただき大変満足しています。
会社を経営している私は、自社株や不動産もあるため、万が一のことを考え自筆で遺言を残しておこうと考えていましたが、知人より遺言書があったため余計な相続税がかかったという話を聞き、心配になって相談しました。
子どもに法定相続分を超える分を残そうとすると、配偶者控除などが使えず余分な相続税がかかることや自筆証書遺言では無効になるリスクや検認という手間がかかるといった税務と法務両面からアドバイスをいただき、大変満足のいく遺言書を作成することができました。
自分はまだ大丈夫と思い、重い腰が上がりませんでしたが、残される家族の幸せを考え、定期的に遺言書を見直していきたいと思います。
  • このケースに当てはまる方はこんな人!
  • 不動産や株式といった現金以外の資産がある方
  • 個人事業主や会社経営者

60代・男性

無限の可能性を秘める民事信託って!?

民事信託を活用するという考えもしなかった提案をいただき、驚きました。
私はマンション経営をしており、死後は息子夫婦に事業を譲ろうと考えていたため、これから何をすべきか相談しました。
事業承継の話だけでなく、残された家族に心配なことはないかと親身になって話を聞いてくださいました。実は、妻の老後の生活についての不安があったため、家賃収入の一部を妻の老後の生活費に充ててほしいと思っていることを話すと、当初考えていた「遺言」ではなく「信託」という方法を提案していただきました。
財産を誰にどのように残すのか、意思を残す方法は遺言書の作成くらいしか頭になかったので、自分では思いつかなかった最良の方法を提案いただけたのが非常に嬉しかったです。
  • このケースに当てはまる方はこんな人!
  • 遺産を誰に残すか強い思いをお持ちの方
  • 財産を残す際、一定の条件をつけたい方

多岐にわたる相続手続きのうち、あなたがどのタイミングで何の手続きをすべきなのか診断し、
スケジュールとやるべきことのリストを提示させていただきます。

お問い合わせCONTACT

03-6419-8211

OPEN 10:00 ~ 18:00 休日:土日祝

メールでお問い合わせ

ACCESS