さくら相続

MENU

さくら相続

03-6419-8211平日 10:00 〜 18:00

トクする情報・公式ブログ

年金・保険のコト

2016.07.05

生命保険の非課税枠を活用した相続対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

ライフプランナーの森本です。

本日は「生命保険の非課税枠を活用した相続対策」についてお話したいと思います。

160705AC電卓・保険

画像の出典: http://www.photo-ac.com/

 

死亡保険金には相続税の非課税枠があるのをご存知ですか?

たとえば、通常であれば相続税がかかる額の現金資産を持った方がいます。

しかし同じ額を生命保険金として遺すと税金がかからないケースがあります。

 

一体何故なのでしょうか?

 

生命保険の死亡保険金には相続税法上の非課税枠があります。

これは残された家族の生活を保障するために設定されています。

非課税枠は500万円×法定相続人の数で計算されます。

 

具体的なケースで見ていきましょう。

故人

 

上記のような家庭で相続が発生した場合、法定相続人は妻、長男、次男の3人になります。

生命保険の非課税枠は500万円×3人=1500万円となり、法定相続人が受け取った生命保険金1500万円までは非課税となります。

ですからこの家庭で相続税を支払う必要がある場合があったとしても、この1500万円の枠内であれば非課税とすることが出来るのです。

 

この非課税枠を活用するにあたっては条件があります。

 

この家庭のケースで見ていきましょう。

 

保険料負担者と被保険者(保険がかかっている人)を夫にする必要がある

生命保険は保険料負担者被保険者を別の人にすることができますが、

非課税枠を活用する場合ですと、どちらも夫にしておく必要があります。

 

特定の一人の相続人が死亡保険金を受け取った場合においても法定相続人分の非課税枠を適用できる

仮に死亡保険金受取人が長男で1500万円受け取り、妻と次男は保険金を受け取らなかったとしても

長男は1500万円分の非課税枠を適用がうけられます。

 

非課税枠は、相続人の受け取る死亡保険金に限る

相続放棄をした人は相続人になれないため、この適用を受けられません。

 

長男が相続放棄をしたが、生命保険金を1500万円受け取った場合で考えてみましょう。

この場合、1500万円の非課税枠は使えず、課税対象となります。

(生命保険金は受取人固有の財産のため相続放棄しても受け取れます)

 

一方で非課税枠の計算では相続放棄をした人も法定相続人にはカウントして計算します。

長男が相続放棄をし、次男が保険金1500万円を受け取った場合、

法定相続人は相続放棄した長男も含めた3人で計算し、1500万円まで非課税となります。

 

 

非課税枠を活用した生命保険の相続対策は、相続財産の評価額を軽減させるため課税上有利な対策といえます。

この他にも相続対策において生命保険は役に立ちますが、それはまた次回お話したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

※本記事は、公開時点での法律、規則等に基づいております。
法改正等により、閲覧時における最新の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

ライタープロフィール

森本耕平

プルデンシャル生命 品川第四支社 ライフプランナー森本 耕平

慶應義塾大学商学部卒業後、民放キー局に入社し番組制作に従事する。 2006年、プルデンシャル生命保険株式会社に入社、現在に至る。生命保険を活用した相続・事業承継対策、事業保障対策、生命保険信託の実務に携わっている。

まずは電話でお問い合わせ

03-6419-8211

平日 10:00 〜 18:00

メールでのご質問はこちら

2営業日以内にご連絡を差し上げます

ACCESS